ファンケル「えんきん」における使用上の注意点

「視界がぼやけて見える」「目が疲れやすい」といった目に関する悩みを持つ人たちは、どなたも効果が期待できるように飲みたいと考えてサプリを購入していると思います。

 

それでは、いつ、どのように飲むと、最もえんきんの効果を期待できるのでしょうか?
そんな人々の期待に応えることができるように、これから説明を行っていきたいと思います。

 

→お試し価格1000円で2週間分×2袋のキャンペーン中!詳細はこちら

 

どうして飲む時間といったような処方が「えんきん」に記載されていないのでしょう?

 

他の薬などには「1日3回食後○錠」と、飲む時間や飲み方なども、ことさら細かに記載されているのに比べて、「えんきん」のようなサプリなどは、通常「1日に何錠まで」というような、おおまかな表記にとどまっているものがほとんどです。

 

一般的に処方の表記が義務付けられているのは薬剤だけとなっています。実際、病院からの指示で出される処方薬なども薬剤師さんから、飲み方についての話を聞いていると思います。

 

サプリメントに明確な記載がなされない理由は、サプリメントが「食品」に区分けされているためです。
逆に食品は、薬と違い、飲む時間や方法など処方の指定を行ってならないというように薬剤法によって決められています。
(記載がある場合は薬成分であると考えているものといえます。)

 

 

健康食品であることを位置づける断り書きを、一言付け加えたうえで、記述したらどうかと考える方もおられると思いますが
消費者サイドから考えると、薬剤法における処方の明記に関するルールは、あまり親切とはいえませんよね。
そこで、効果的な飲み方についてネットで調べる方が多くなってしまうのもうなずけます。

 

 

正しい「えんきん」の処方について

 

★1日に必要とされる摂取量の範囲について

 

ルテインに関しては25mgを良しとしています。
DHAに関しては、1g〜3gの分量内がオススメできる分量です。実際、過去に3g以上摂取された方で、出血が起きたという事例もあるそうです。

 

1日2粒までならば、ルテインもDHAも基準値よりも少ない量なので、安心して飲むことができるでしょう。
ただし、4粒以上摂取すると基準値をこえてしまう計算になります。

 

ルテイン20mg<25mg
DHA 100mg<1g

 

きちんと1日2粒までの表記を守って飲むように心がけましょう。

 

水やお茶と一緒に飲んでもよいか?

 

えんきんには、「水などと一緒にお召し上がりください」と記載されています。 ルテインやアスタキサンチンに関しては水に溶ける成分ではないので水を飲む必要はなさそうです。DHAも脂肪酸なので、喉につかえて飲みにくいといった個人的な理由がなければ、水を使わず直に飲用しても大丈夫だと考えられます。

 

最後に

 

1日に飲用する分量は、食事をしてから30分以内に、えんきんを飲むのが一番効果が期待できます。

 

食後からかなり時間経過してからの使用を考えるなら、ルテインの持つ性質などを考慮して、水を使わず飲用するほうが効果が期待できるように思われます。

 

以上、ここまで色々書いてきましたが、加齢による視力の低下などといった目に関する悩みでお困りの方に、本サイトの内容が多少なりとも参考になれば嬉しく思います。