いつ飲めば身体に一番効く?ファンケル「えんきん」を知ってますか?

「えんきん」は、いつどの時間、どの状況で服用すればいいのでしょうか?せっかくいいサプリメントを買っても変な時間に飲んでしまうと効果が薄れたり、最悪の場合はほとんど意味がなくなってしまうこともあります。ですので、そのサプリメントの効果と飲むタイミングの事は、最低限で理解しておくことが大事なことだと思われます。

 

サプリメントとは、いったい何なのかご存知でしょうか。毎日の食事で足りない栄養素などを補充するための「栄養補助食品」のことをサプリメントと言います。サプリメントって薬のイメージがありますが、そうじゃないことを知っておくことも大切かもしれません。
どの時間に飲めば良いのか?食前、食間、食後など、どの機会が効果的なのか考えてみましょう。

 

→お試し価格1000円で2週間分×2袋のキャンペーン中!詳細はこちら

 

●食前に服用したいサプリメント

 

ダイエットサプリで食べ物の中の糖質や脂質を吸着して外に出してくれるタイプやカロリーカット系や酵素なども食前に服用したほうがいいサプリメントです。逆に、食後に飲むべきダイエットサプリメントもあるので、そこは注意して服用しましょう。

 

●食間に服用したいサプリメント

 

葉酸サプリは食感に飲むと効果的だと言われています。食事と一緒に摂るとアミノ酸は吸収されにくくなります。体内は、先にタンパク質を優先して摂るからです。ヘム鉄サプリも食べたものの影響を避けるために食間がいいでしょう。

 

●食後に服用したいサプリメント

 

血管を強くするためのものだったり内臓や他の器官の機能の改善や向上をするサプリメント。活性酸素を排除してくれる役割がある抗生物質なども食後が良いでしょう。

 

 

では、「えんきん」はいつ服用すば効果的になるのでしょうか?

 

えんきんの効能、効果を知っていますか?

えんきんには、ルテイン、アスタキサンチン、シアニジン-3-グルコシド、DHAなどが含まれています。ルテインは、強い抗酸化作用を持っていて目の網膜保護や治癒にも影響を与える成分です。

 

アスタキサンチンは、天然の色素の一種です。同じく強い抗酸化作用などあります。シアニジン-3-グルコシドは眼精疲労を改善する効果や筋肉のコリをほぐす効果も知られています。

 

DHAは、「えんきん」の中でも一番多く入っている栄養素です。DHAはよく耳にすることがあると思いますが、DHA(ドコサヘキサエン酸)は、青魚に特に多く含まれている多血不飽和脂肪酸です。人間の体内では作ることが出来ない栄養素です。DHAは脳内に入ることができる栄養素で神経細胞を活動的にして記憶や学習をする力を向上させることも知られています。。そして、視界を回復する力もあるのです。

 

 

ルテイン、アスタキサンチン、DHA他は、油に溶けやすい特性を持っています。食後に胃の中で脂肪分が消化されるときに、一緒にその助けを借りて吸収されることが一番効率的なのです。

 

 

だから、いつ服用すればいいのかといえば「えんきん」は、食後の30分以内に服用することが一番効果的だというのがわかると思います。